MENU

土踏まずがつる時の治し方と対処法

スポンサーリンク

足がつる原因は、急に運動を行なった時やストレスや疲れたが待っている時、栄養が不足している時などがあります。
また、足がつるという場合には、大きく2つの場所が考えられます。
代表的なのが、ふくらはぎがつるもので、「こむら返り」と呼ばれることもあります。
これは、ふくらはぎの腓腹筋と呼ばれる筋肉が痙攣することにより起こる症状であり、筋肉に老廃物が溜まることで起こりやすいと言われています。
腓腹筋は、脚の他の筋肉に比べて体積が大きく、老廃物が溜まりやすいところでもあるため、瞬発的な動きや立ち仕事などを行なっているだけでも発生することがあります。
治し方としては、筋肉を伸ばすようにすることが大切です。
ただし、急に伸ばしてしまうと、筋肉に負担がかかるため、対処法としてはゆっくりとストレッチをすることが大切になります。

スポンサーリンク

ふくらはぎだけではなく、土踏まずのあたりがつるということもあります。
これもふくらはぎと同様、土踏まずのところにある筋肉が痙攣して起こる症状です。
つりやすい人は、水分不足や栄養不足が考えられます。
対処法としては、適度に水分を摂取する、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを摂取するという方法があります。
水分は、喉が渇いたと感じた時に摂取するのでは遅いため、コップ一杯程度の水をこまめに摂取するようにしましょう。
スポーツなどを行うときには、水分とともにミネラルも失いやすいので、スポーツドリンクなどで摂取することが大切です。
なお、土踏まずがつった時の治し方は、足の指を身体側に引き寄せるようにして、足裏を伸ばすようにすると良いでしょう。
痛みが軽減されたら、血行を良くするためにマッサージを行うようにすると再発を防ぐことが出来ます。

スポンサーリンク