MENU

痛風と土踏まずの痛みの関係等について

スポンサーリンク

 痛風とは急性の関節炎の一種で、関節の中でも足の指や足首、膝等といった下半身の関節に発生する事が多いです。
男女別での発生率を見ると圧倒的に男性に多く、全体の9割以上を男性が占めます。
年代で見ると以前は40代を過ぎてから発症するケースが多かったのですが、最近では比較的若い世代での発症率も増加傾向にあります。
 痛風が発生する原因には血液中の尿酸値が深く関わっていて、尿酸値が高い状態が続くと発生する可能性が高くなります。
尿酸値が高くなると血液中で尿酸が結晶化をしてしまい、それが関節に炎症を起こしてしまうのです。
 血液中の尿酸値を上げてしまう原因には普段の食事が関係していて、アルコールや脂質の摂取が多いと尿酸値が上がります。
先ほど若い世代にも患者が増えていると言いましたが、それは食事が欧米化して脂質の摂取量が増えている事も影響しています。

スポンサーリンク

 痛風の代表的な症状として有名なものに発作時の患部の激しい痛みがあり、同時に患部に腫れや熱も発生します。
発作が起こる前には関節がチクチクしたり、圧迫感を感じる等の前兆が現われる事が多いです。
この前兆から数時間経過してから発作が起きて、24時間以内にピークを迎えてから数日かけて治まります。
 痛風は治療が遅れれば遅れるほど症状が進行して、やがては慢性的な関節炎等になってしまいます。
そのため早い段階で気付いて病院を受診して、適切な治療を受ける事が大切だと言えます。
 痛風の初期症状として有名なものの一つに、足の裏の土踏まずに痛みを感じるというものがあります。
土踏まず以外にも足の指の付け根や足首、くるぶしや踵に症状が現われるという人もいます。
これらの部分に痛みや熱を感じたりした場合は、早めに病院に相談するのが望ましいです。

スポンサーリンク