MENU

土踏まずが痛い時張る時の対処

スポンサーリンク

土踏まずが痛い時や張る時があるというのは、酷い病気ではないし、少し地味な悩みの様な気がしますが、そのままにしておくと手術が必要なものになってしまうので早めに対処が必要です。
まず痛くなる原因として、土踏まずの部分の筋肉が弱くなっているからです。
体を支えるバネの役割をしている部分なので、運動不足が大きな原因です。
また、特に気になるのであれば足底筋膜炎や、触った時にごりごりしたようなのがあれば足底線維腫というのになってしまっているかもしれません。
足底線維腫になってしまうと、そこの部分に何かが触れるだけで痛みをともなうので、そこまでになる前に対処しておく方がいいです。
足底線維腫になる前には足底筋膜炎というのになるので、そこでしっかりと治しておくことが大切です。
さまざまな対処方があるので痛い時や張る時には自分にあった方法を早めに見つけるようにすることが大切です。

スポンサーリンク

対処方法には自分で治す方法と専門の方に診てもらう方法があります。
自分で出来る方法時しては、履き心地のよい靴を履くこと、痛い部分をサポーターなどで保護すること、生活の中にストレッチを取り入れること、自分でマッサージをすることなどです。
歩く時は保護し、ストレッチやマッサージで筋肉をほぐしてあげると次第に痛みが良くなってきます。
自分で対処してみてそれても良くならないようであれば、専門の方に診てもらった方がいいです。
自宅の近くの鍼灸院やマッサージや整体へ行き、痛い部分に鍼やマッサージをしてもらうことをおすすめします。
また、骨盤が歪んで負担が土踏まずにきている場合もあるので骨盤の歪みを見てもらうこともおすすめします。
足は体を支える大切な場所です。
毎日の生活に欠かせないものです。
痛みがあると歩くのも嫌になって、ますます運動不足になってしまうので、軽い痛みのうちに対処するのが大切です。

スポンサーリンク