MENU

土踏まずの内側の痛みを和らげる

スポンサーリンク

10代からのスポーツ傷害の中で見受けられるのが、土踏まずの内側の痛みで、この痛みは有痛性となる外脛骨と呼ばれる疾患であるケースが考えられています。
内くるぶし下の、土踏まずに見受けられる過剰骨が外脛骨であり、通常は無い余分な骨である分、刺激によって痛みを引き起こすケースが挙げられています。
原因の1つには内側への捻じれがあり、スポーツなどの激しい動きによって、足が次第に偏平足の形へと入り込んでしまい、外脛骨に強い圧力がかかってしまいます。
通常、足の内側に舟状骨粗面部分が存在していますが、同じく、後頚骨筋と呼ばれる筋肉も存在しており、この筋肉の働きで土踏まずのアーチが保たれています。
緩やかなカーブとなるアーチが崩れることにより、歩行に支障が出やすくなったり、痛みやしびれなどまでが引き起こされるケースもあります。

スポンサーリンク

特に運動量が増える10代からの時期に症状を招きやすく、自然と治まる安静期間を必要とします。
しかし、強い痛みが繰り返されるなど、ストイックな運動を続けることによっては、手術へ発展するケースも挙げられています。
対策や予防法となるのが足底板療法にあり、土踏まずから踵の部分までをサポートする足底板で予防が可能です。
アーチパッドが担う役割には、外脛骨部分を下からしっかり支えるだけに留まらず、緊張しやすい後脛骨筋の牽引力を緩め、腱が外脛骨部分を強く引っ張らないように支える働きが挙げられます。
また、スポーツ靴を履いた際にも違和感なく使えるため、動きながらの対策が可能になります。
1人1人の体重のかけ方なども異なるため、例えば、底板を踵に入れる工夫によって、後脛骨筋を引き上げることができ、体重のかかる位置が踵に乗るため、土踏まずの内側にかかる負担を軽くさせることも可能です。

スポンサーリンク