MENU

土踏まずにかゆみのある水泡が出来たときに考えられる病気とは

スポンサーリンク

足の裏にかゆみを感じた時は水虫を疑った経験はありませんか。
足の裏に小さな水泡が出来てかゆみがある時に考えられるのは、水虫又は掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の可能性が考えられます。
水泡ができている場所や症状によって治療方法が異なりますのでみていきましょう。
水虫には足に出来る水虫のにもいくつかの種類があります。
土踏まずや足の側面に小さな水泡が複数できている場合は小水疱型水虫と呼ばれています。
赤い色をした小さなブツブツで、とてもかゆいのが特徴です。
時間の経過とともにブツブツが大きくなったり、周りの皮膚が乾燥したりしてきます。
水虫は白癬菌というカビが皮膚に寄生しておきる症状ですから、水虫の塗り薬をきちんと塗っていれば治っていきます。
大きくなったブツブツをつぶしたりせずに根気よく水虫の薬を塗るようにしましょう。

スポンサーリンク

 では、次は掌蹠膿疱症について説明して行きます。
掌は手のひらで蹠は足の裏にできる水泡ができる症状という意味で、掌や土踏まずに多く見られる症状です。
小さなブツブツが非常に多くできて、初期症状はかゆみですが次第に痛みを感じるようになります。
水泡の中は膿(うみ)がたまっていますが、水虫のようにカビ菌や細菌はいません。
ブツブツは時間が経つとかさぶたのようになってパラパラと剥がれていきます。
治ったように見えても時間を経て何度もでき、手のひらの掌蹠膿疱症が悪化すると関節炎に進行することがあります。
治療は炎症を抑えるステロイド剤等が有効です。
また、症状によっては飲み薬が処方されることもあります。
掌蹠膿疱症のはっきりした原因は分かりませんが、金属アレルギーや喫煙ではないかと考えられています。
たばこを控えたり、金属を身につけないようにすると良いでしょう。
土踏まずブツブツは水虫のように周囲の人に感染する可能性はありませんが、水虫と間違えやすく自己判断で治療を行うと反って悪化する可能性がありますから病院での受診が大切です。

スポンサーリンク