MENU

土踏まずがピリピリ痛い時の原因と対処法

スポンサーリンク

 怪我もしていないのに土踏まずにピリピリとした痛みを感じたことはありませんか。
たいていの方は歩けないほど痛くないと、「歩き過ぎかな」ぐらいで気に止めませんが、これは立派な病気の症状です。
 土踏まずが痛いのは、ほとんどの場合、足底筋膜炎であることが多いです。
これは、足の裏の筋膜が文字通り炎症を起こすことで生じるもので、要は足の裏が硬く突っ張っている状態です。
私たちの足裏はアーチによって立っている時や歩いた時の動きのバランスを支えていますが、このアーチがきちんと機能しなくなると、足裏の筋膜が伸びて、固くなってしまい、炎症を起こすのです。
すると、土踏まずの部分がピリピリと痛みを感じるようになります。
 現代は裸足や下駄で歩くと言ったことがほとんどなく、足の裏が硬くなる要素が満載です。
ピリピリ痛いと感じたら、まずは整形外科のクリニックを受診しましょう。

スポンサーリンク

 土踏まずがピリピリと痛い、不快な足底筋膜炎ですが、予防法にはどのようなものがあるでしょうか。
 足底筋膜炎は足の裏の筋膜が硬く突っ張ることにより起こるので、まずは足の裏を柔軟にする必要があります。
温めて血行を良くしたり、ストレッチしたりしましょう。
ただし、痛みが強く出ている時にはあまり強くストレッチしたりするのは、禁物です。
刺激を与えてしまい、返って痛みがひどくなることがあります。
 また、足に合わない靴を長時間履いたり、特に女性の場合にはハイヒールで長時間過ごすようなことは避けましょう。
しっかりと足裏を使った歩き方ができる足に合った履物を使用することがベストです。
歩き方や立ち方に問題がある場合にも起こりやすいので、そうした点でもチェックしてみましょう。
 便利な現代生活ですが、私たちの身体には合わない、良くない点もないわけではありません。
時には裸足になって、自然と仲良くすることも私たちの足には大切なことなのかもしれません。

スポンサーリンク