MENU

土踏まずのアーチが高い、ハイアーチは何故起きるのか

スポンサーリンク

 土踏まずとは、足の裏の中央部分にある、地面に接触しない箇所を指します。
この部分の名称を知っている方は多いのですが、何故このような形になっているかをご存知の方は少ないと思います。
今回は、土踏まずについての解説と、起こりやすい怪我・症状をご紹介したいと思います。
 当然ながら、人間は2本の足で全体重を支えます。
つまり、足にはかなりの負荷がかかる事になります。
その時、負荷を効率的に分散させる方法として、足をアーチ状にしているのです。
弓型にする事により、上からの圧力にも強くなり、また負荷を分指させる方向を2つに分けることが可能なのです。
 一見すると全く必要の無いもののように思えてしまいますが、この土踏まずは重要な役割を果たしているのです。
しかし、アーチ状が良いからといっても、何事も過度になってしまうと逆効果です。

スポンサーリンク

 アーチの形が極端に高くなってしまう…という、症状があるそうです。
土踏まずが全く存在しない、偏平足の逆の症状となります。
あまりに高くなってしまうため、足の甲の部分まで盛り上がった形になってしまいます。
 様々な原因が考えられますが、多くの場合は遺伝的な要因だそうです。
ただし、高いハイヒールなどを長時間履いていると、この症状が起きる事も確認されています。
ハイヒールは普通の靴とは全く構造が違うため、歩くために使う筋肉にも偏りが出てきてしまいます。
そのため、足全体の筋肉のバランスが崩れ、最終的にハイアーチになってしまうのです。
 一度この症状になってしまうと、治すにはある程度の時間が必要です。
足の筋肉を付け、専用のソールを靴に入れたりする必要があります。
高いハイヒールを履く方は、この症状にならないよう気を付けておきましょう。

スポンサーリンク