MENU

土踏まずが痛い状態になる原因と靴の選び方について

スポンサーリンク

土踏まずは足の裏にある凹んだ部分で、歩行の際に生じる衝撃を緩和する働きがあります。
健康な成人であれば誰でも正常に機能していますが、稀に土踏まずの部分に脂肪が溜まって偏平足になってしまうことがあります。
偏平足になると衝撃が緩和されずに直接体に伝わり、足や腰が痛い状態になる可能性があります。
偏平足は病気や遺伝の他、極端な運動不足でも生じる可能性があるので毎日の生活の中で定期的に運動を続けることが大切です。
足や腰が痛い状態が長く続くと歩行に支障が及び、骨の変形などの重大な疾患に見舞われます。
そのため、異常を感じたら速やかに医療機関で適切な治療を受ける必要がある他、歩行時に履く靴の選択も慎重に行います。
靴はサイズが少しでも異なると足に大きな負担がかかることから、必ず足のサイズと合致させて、材質も柔軟性に富んでいる物を選ぶように心がけます。
また、土踏まずは靴の形状にも影響されるので実際に履いて質感を確認することが長く使い続けるための条件です。

スポンサーリンク

土踏まずの不具合が原因で痛い状態になる場合、病院での治療と並行して靴やインソールを使用した矯正を行うことが早期に状態を改善させるためのポイントになります。
土踏まずが脂肪で埋まってしまう偏平足は誰でも患う可能性があるので、常に足の状態を確認することが健康状態を良好に保つための心得です。
その一方で小さい子供は偏平足の状態が普通で、成長に伴って足の裏の凹みが形成されます。
そのため、幼児期の強引な矯正は却って体に悪いので避けます。
子供用の靴も柔らかく伸縮性がある材質の物を選ぶことで、足に負担をかけずに健やかに育つことができます。
足が痛い状態を緩和させるためにはサイズが合わない靴を避ける他、歩く際の姿勢にも気を配る必要があります。
腰や膝を曲げたり猫背の状態のままで歩くと負担が増して痛い状態が増幅されてしまいます。
痛い所を庇うように歩くようになり、姿勢の悪さが促進されてしまうので適切な方法で矯正して問題を解消するように努めます。

スポンサーリンク