MENU

足の裏や土踏まずの痺れについいて

スポンサーリンク

足の裏は人間の健康を確認するときに大事な部分となっています。
したがってこの部分をケアするという方法がたくさんあります。
足つぼマッサージやラフレクソロジーというような方法があります。
第2の心臓と呼ばれるほどたくさんのツボが集まっています。
このツボが人間の体の各器官につながっているというようになっています。
足の裏や土踏まずは、全身を支えるという大切な働きをしています。
したがってこの部分に痺れや痛みなどの症状が現れたときには、しっかりとケアをすることが大切になります。
土踏まずがだるいと感じたり足の裏が痛いというようなときには注意をしなければいけません。
土踏まずには胃の状態を現すというツボがあります。
上半分に痛みや痺れがあるというようなときには、ストレスによって胃が大きなダメージを受けていると判断することができます。
下半分に痛みやしびれがあるというようなときには、胃腸が弱くなっていると判断することができます。

スポンサーリンク

また足の裏が痺れるというようなときに考えられる病気があります。
それは足根管症候群となります。
これは足にあるトンネルの中を通っている神経が圧迫されて発症するという病気となります。
それほどよく耳するというような病気ではありませんが、坐骨神経痛が関係しているのではないかと考えられていた不快な症状が、実際にはこの病気であるということも多くなっています。
下肢から足の方へ向かって降りてくる神経がありますが、これが足のくるぶしの近くで枝分かれするようになっています。
そして足の裏の感覚を司るというようになっています。
くるぶしの内側の部分では、足根管というようなトンネルがあります。
ここに神経が走っています。
この神経が圧迫を受けてしまうと、足の裏が痺れるというような症状が現れるようになっています。
圧迫されている部分がどこなのか、痺れている範囲などをしっかりと確認する必要があります。
あまりにも症状が続くというような場合には、腰椎が原因となっていることもあります。

スポンサーリンク