MENU

土踏まずの痛みを解消させるインソール

スポンサーリンク

土踏まずは足の裏にあるアーチ状に凹んだ部分を指し、歩行の際に足に伝わる衝撃を緩和させる働きがあります。
成人であれば誰の足にも形成されていますが、遺伝などの理由で稀に土踏まずの部分に脂肪が溜まってアーチ状の凹みが無いことがあります。
土踏まずが無いと歩行時の衝撃が直接伝わり、疲れやすくなったり足に痛みが生じるなどの弊害に見舞われます。
痛みが強くなると歩行に大きな支障をきたすこともあるため、適切な処置を施す必要があります。
土踏まずは歩行する距離が極端に短く、運動量が少ないと脂肪が溜まって凹みが無くなることがありますが、市販のインソールを使用することで状態を改善させることが可能です。
インソールは土踏まずの形状に沿って膨らみが作られているので、靴に入れて使い続けることで次第に脂肪が押しのけられてアーチ状の凹みが解消されます。
特殊な器具や薬剤を使う必要が無いので、体に負担をかけずに状態を改善できるのが利点です。

スポンサーリンク

インソールを使うことによる不具合の解消は誰にでも出来る反面、時間がかかる点を注意する必要があります。
また、サイズが合わない靴を履き続けると却って負担が大きくなり、爪の変形などの疾患に見舞われてしまうのでインソールだけではなく靴の選択にも気を配ることが大切です。
症状によっては矯正用の靴下と併用することで早期の改善を図ることが出来ますが、足の状態を確認しながら最適な形状の物に交換する必要があるので金銭面の負担が嵩みやすい傾向があります。
そのため、事前に複数の製品を確認して使い易さと費用が釣り合うように調整することが矯正を適切に行うための条件です。
矯正の際に痛みを感じる場合、使用しているインソールが足の形状に適していない可能性があります。
また、個人の体質によっては特定の材質に過敏に反応して痛みなどの不具合に見舞われてしまうケースがあるので、異常が生じた場合はすぐに使用を中止して病院で治療を受けることが安全に矯正するための心得になります。

スポンサーリンク