MENU

朝起きると土踏まずが痛い原因は筋肉の緊張

スポンサーリンク

足の痛みの原因の多くは、運動による腱や筋肉の炎症であることが考えられ、体重移動による歩行をサポートする土踏まずも同様、運動や歩行の影響によって痛みを招く場合もあります。
特に症状として、朝起きると土踏まずが痛い場合、足底筋膜炎の可能性も考えられています。
症状も1人1人で異なり、例えば、朝起きて立ち上がる瞬間、動かす一歩目が痛むなど、ピリピリした痛みやズキズキした痛みを引き起こすケースも症状として挙げられています。
朝起きると土踏まずが痛い場合、足の指の付け根から踵までの足底筋膜が炎症を起こしていることが原因です。
スポーツのし過ぎをはじめ、女性や高齢者の場合には逆に運動不足によって、無理に筋肉が刺激され、その結果、炎症を引き起こしてしまいます。
また、足底筋膜炎は筋肉が緊張し、張ってしまうことで痛むケースもあり、こうした場合には自律神経の影響も挙げられています。

スポンサーリンク

運動による土踏まずの痛みの場合、安静を心がけることで痛みを抑えることができます。
また、朝に痛みを招く場合には、末端への血流が滞ることにより長時間の痛みに繋がってしまうケースも考えられています。
朝は自律神経も交感神経が優位であるため、筋肉が緊張しっぱなしとなり、炎症が治まるまでに時間がかかるため、副交感神経が優位に働く夜のケアが重要視されています。
炎症を抑える薬を用いるのみならず、緊張をほぐすことが早い完治に繋がります。
自律神経をはじめ、炎症した足部分は冷えを苦手とし、土踏まずが痛くなった場合、温めた方が痛みを和らげることができます。
朝起きた時、腱や筋肉も柔軟になっているため、立ち上がりや歩き出しの一歩目もスムーズです。
また、日頃からスポーツを行っている場合には、足首から足先までをストレッチすることもポイントで、痛まない程度の軽さで日々、ケアすることが対策となります。

スポンサーリンク