MENU

足の裏や土踏まずがゴリゴリする原因

スポンサーリンク

足の裏を触った時にゴリゴリしていたと言う経験は多くの方がしていらっしゃいます。
足裏は第二の心臓とも言われており、土踏まずなどに痛みを感じると不安を覚えます。
しかし、その原因や対策についてしっかりと理解している方は皆無と言えます。
不安を解消するためにも原因と対策を学ぶことが重要になります。
足の裏が痛くなる病気として最初に考えられるのは、足底筋膜炎が挙げられます。
この病気はマラソンやサッカーなどのスポーツをする方に多く見られますが、スポーツをしていなくても50代を超えると生じる方が増えてきます。
基本的に安静にすることが治療方法になります。
病院に行ってもそのように言われますし、一番の対策になります。
ただし、冷やしてはいけません。
筋肉が硬くなっている状態なので、冷やすよりも温めてほぐすことが重要になります。

スポンサーリンク

そのほかの原因としては筋肉のコリが考えられます。
足の裏や土踏まずをゴリゴリと押した時に軽い痛みや心地良い痛みを感じる場合は筋肉のコリが原因の場合が多くなります。
これは肩こりなどと同じ症状なので、こってしまった筋肉を温めて丁寧に解すことが大切です。
血流をよくするイメージでマッサージすると効果的になります。
そして、最も多いパターンは老廃物が原因になっている場合です。
ゴリゴリした部分を押した時に鋭い痛みがある場合は老廃物が原因と見てほぼ間違いありません。
基本的に体内で不要になった老廃物はリンパ管を通り大概に排出されます。
しかし、足の裏は心臓から一番遠いので老廃物が蓄積されやすくなります。
老廃物は刺激を与えることで排出を促すことができます。
ただ、足裏はマッサージなどは激しい痛みを伴うことがありますので注意してください。

スポンサーリンク